ミョウジョウ・アセット・マネジメント株式会社の運営する会員制金融情報サイトです。

2021年1月21日のマーケット・コメント

日経平均は煮詰まり感が出てきたか

 

昨日の日経平均先物は、朝の寄り直後に28,820円を付けた後急落し、後場には一時28,380円まで下落しました。今日は、朝の寄り直後に28,840円まで急上昇した後、何度か乱高下し、11時以降は寄り直後の乱高下が嘘の様に28,700円台での超薄商い小動きに終始しました。1月14日には28,970円からの400円の急落、1月15日には28,900円の寄りからの300円の急落があり、28,800円から上が相当な抵抗帯になっているという印象が強まっています。

 

注目されるのが、今日11時以降の先物の出来高です。日経平均先物3月限りの出来高は、イブニングで約1万枚、朝の寄りから10時過ぎまでに約1万枚で、それ以降14時30分現在で約1万枚です。10時過ぎからの出来高は、異常と言える少なさです。12月29日、1月8日、1月14日、1月19日と、外部環境に変化がない中で日経平均だけが大幅上昇するという大変珍しい状況が続きましたが、今日の出来高の少なさはいよいよ煮詰まってきた感じがします。

 

近日中に、米国株が下落し、それを受けて日経平均が大幅に下落して買われすぎの解消に向かう可能性が高まってきたと言えるでしょう。

日経平均とNYダウ20210119

ところで昨日の米国大統領就任式は、何事もなく終わりました。ネットでの情報は、何だったのでしょうか?